ベラジョンカジノのルーレット | 遊び方・ ルール・賭け方

 

主にアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットがあります。フレンチルーレットは、ほぼヨーロピアンルーレットですが、配列や文字が異なっています。アメリカンは0、00を含んだ38個の数字から成っており、ヨーロピアンは0を含んだ37個の数字から成っています。

 

賭け方は、以下のようになります。

 

  • ストレートアップ:1つの数字を選びます。当たる確率は最も低いですが、配当は36倍になります
  •  

  • スプリット:隣り合う数字の間、線上に置き、その2つの数字を指定します。配当は18倍
  •  

  • ストリート(トリプル):横に並んだ3つの数字の左右どちらかに置き、その3つを指定します。配当は12倍
  •  

  • コーナー(フォー、スクエア、クォーター):4つの数字の真ん中に置き、その4つを指定します。配当は9倍
  •  

  • ダブルストリート(ライン):横2列のを真ん中の端に置き、6つを指定します。配当は6倍
  •  

  • カラー(レッド・ブラック):赤か黒かのどちらかに置きます。配当は2倍
  •  

  • オッド・イーブン:奇数か偶数のどちらかに置きます。配当は2倍ですが、0か00は除きます
  •  

  • ハイ・ロー:1〜18か、19〜36のどちらかに置きます。配当は2倍
  •  

  • ダズン:1stは1〜12まで、2ndは13〜24まで、3rdは25〜36までのどれかに置きます。配当は3倍
  •  

  • コラム(カラム):縦1列の数字で3パターンあり、2to1のどれかに置きます。配当は3倍

 

低配当から高配当まで自由に選べます。一発狙う方は、配当の高いところを狙って行ってください。ルーレット初心者の方は、配当の低いところから狙っていった方がいいかもしれません。経験から言うと、これは0や00があるものの、ほぼ確率通りになってきます。

 

ルーレットは、慎重にゲームをやって行けば、損もしにくいかわりに大勝ちもしにくいとゲームだと思います。過去に出てきた数字を、例えば奇数か偶数かチェックしていき、奇数が続いたから次は偶数が来そうだなどと予想したことがありますが、あまり効果はありませんでした。