テキサスホールデムポーカー

 

ベラジョンカジノのポーカーには、様々な種類のものがありまが、テキサスホールデムポーカーも人気です。まず、テキサスホールデムポーカーについて説明します。自分のカード2枚と、テーブルに置いてある全員に共通のカード5枚の計7枚の中から5枚を選んで役を作り、勝負をします。カードの交換は出来ません。使用するカードは、ジョーカー以外の52枚です。

 

まずディーラーから各プレイヤーに1枚ずつカードが配られますが、ボタンと呼ばれるマーカーを置くのは、この中で最強のカードのプレイヤーに決まります。そして、その隣から時計回りに、ディーラーが各プレイヤーに1枚ずつを2周し、計2枚のカード(ホールカード)を配ります。

 

ここで、ボタンの左隣をスモールブラインドと呼びますが、強制的に賭け金をベットしなければなりません。そしてその左隣をビッグブラインドと呼びますが、スモールブラインドの通常は2倍の賭け金を強制的にベットします。さらにその左隣をアンダーザガンと呼びますが、このプレイヤーから順に時計回りにベットしていきます。これをプリフロップと呼びます。

 

プレイヤーは、フォールド(ゲームから降りる)、コール(自分の前までの金額と同じ金額を出す)、レイズ(自分の前までの金額の2倍にする)をしていきます。誰もベットしていないときは、チェック(カードを保持)またはベットすることが出来ます。また、1度レイズされた後に、さらにレイズするときには、追加された額とレイズの額を足した額以上が必要になります。全員同じベット額になったら、次へと進みます。

 

ディーラーは3枚のカードをテーブルに表向きに置きます。これをフロップと呼びます。これで計5枚のカードとなります。そしてスモールブラインドからプレイをしていきます。全員がチェックか、同じベット額になったら、次へと進みます。そして同様にディーラーはカード1枚を表向きに置きます。これをターンと呼びます。次へと進んだ場合、ディーラーはカード1枚を表向きに置きます。これをリバーと呼びます。

 

ここまでの間に、他の全員がフォールドすれば、残ったプレイヤーの勝ちとなります。全員がチェックか、同じベット額になったら手札を公開します。これをショーダウンと呼びます。そして最強の手札の人が賭け金を総取りします。もし同じ強さであれば引き分けとなり、掛け金を山分けします。

 

このゲームが面白いのは、たとえ弱いカードしかなくても他社をフォールドすることで勝つことが出来るところです。これぞポーカーの醍醐味と言えると思います。