ベラジョンカジノで遊べるゲームの種類

 

ベラジョンカジノは多彩なゲームで遊べるのが魅力です

オンラインカジノと聞くとどんなイメージを持つでしょうか。一攫千金で大きく稼ぐチャンスがあると思う人も多いのではないかと思います。実際にベラジョンカジノのビデオスロットでわずかなチップを賭けただけで、過去に4憶円ものJACKPOTが出ています。

 

そんな夢があるのもオンラインカジノの魅力ですが、様々な種類のゲームが楽しめることも大きな魅力です!そこで今回は、ベラジョンカジノで遊ぶことができる主なゲームについて紹介します。

 

ベラジョンカジノで一番人気はビデオスロット!

ベラジョンカジノで一番人気はやはりビデオスロットです。ベラジョンカジノでは、「JACKPOT(ジャックポット)」による大当たりが出ることでも有名です。各オンラインカジノでは、共通するスロットゲームを提供しています。つまり、ジャックポットは、世界中で集められた賭け金が当たりが出るまでプールされているというわけです。

 

スロットは完全に運に任せるゲームです(ビデオスロットの場合、日本のパチスロのように目押しはできません)。そのために攻略法と呼べるものはありませんが、強いて言うならプールされた金額が大きな台で賭け続けるということです。

 

ベラジョンカジノでビデオスロットの遊び方は簡単です。賭けるチップ数を決めてボタンを押し、あとは絵柄が揃えば勝ちとなります。誰でも簡単に楽しめますし、当たりが出れば相当の利益を生み出します。

 

ルーレット

ベラジョンカジノでも、本場のカジノと同じように人気を集めるのがルーレットです。他のテーブルゲーム(ブラックジャックやポーカー)に比べてカジノのイメージが強いゲームです。ルールが簡単なので、初心者でもすぐに楽しむことができるのが理由と言えます。

 

ルーレットはディーラーがルーレット盤に投げ入れる玉がどのポケットの数字に止まるのかを予想するゲームです。当たれば賭けたチップが増えて戻ってきますし、外れたらチップは没収されます。

 

ルーレット盤の数字は1から36まであり、一点に賭けて当たればチップは36倍になって返ってきます。ちなみにこの36の数字の他に“0”や“00”というものもあります。ここに賭けても36倍になります。

 

他に賭け方としては、赤か黒か、あるいは奇数か偶数かというやり方もあります。この場合には当たれば2倍になりますし、もし外れたり“0”か“00”に玉が入ればチップは没収されます。また複数の数字に賭ける方法もありますし、その数が増えるほどに倍率は低くなります。

 

“稼ぐ”ための賭け方には色々ありますが、ほとんどに共通するのは賭けるチップの枚数を調節することと、“大数の法則”を利用していることです。例えば赤か黒それぞれの出る確率はほぼ半々ですが、これは何度繰り返しても変わりません。赤が10回連続で出ても次に赤が出る確率は同じというわけです。

 

けれども大数の法則により、赤と黒が出る数は同じに近づいていきます。これを利用した賭け方をすることで、利益を出しているわけです。

 

ベラジョンカジノのルーレットには、プログラムによるものとリアルライブによるものがあります。プログラムによるものは、信頼できる会社により開発されたものであることをチェックする必要があります。ライブカジノの場合は、実際にディーラーが玉を投げ入れるのでプレイヤーは安心して賭けることができます。

 

ブラックジャック

ベラジョンカジノでは、ルーレットと同じように人気のあるカードゲームがブラックジャックです。これも初心者でも簡単にルールを覚えられることに加えて、やはり戦略を立てることができる点でプロも利用していることが理由です。

 

ブラックジャックには“カウンティング”と呼ばれる有名な必勝法があります。これは大学の教授が開発し、その有効性を証明しているものです。実際に極めて高い勝率で勝てるために、ほとんどのカジノでは使用を禁止しています。オンラインカジノでも何かしらの対策を立てていますが、カウンティングを活用した戦略は多く公開されています。

 

ゲームはディーラーとプレイヤーとの勝負という形で進みます。プレイヤーはひとつのテーブルに数人つくので、1人のディーラーと複数のプレイヤーとの勝負という形になります。まずプレイヤーにはトランプのカードが表向きに2枚配られます。ディーラーは1枚カードを引き、表向きにして置いておきます。

 

ルールは、プレイヤーとディーラーのカードの合計が21に近い方が勝ちとなります。絵札は全て10として数えて、Aは1か10のどちらでも好きな方でカウントします。配られた2枚のカードがAと絵札ならば、ブラックジャックとなりプレーヤーの勝ちです。ディーラーに勝てばチップは2倍になりますが、ブラックジャックで勝てば2.5倍となります。

 

もし2枚のカードの合計が少ないと思うのであれば、いくらでも追加でカードをもらうことができます。この場合は”ヒット“と宣言します。これ以上カードはいらないという場合には”ステイ“を宣言します。もしカードの数字の合計が21を超えてしまうと、バーストとなって無条件でプレイヤーの負けとなります。

 

一方でディーラーは、数字の合計が16以下であれば、必ずカードを引かなければなりません。プレイヤーがバーストせずにディーラーがバーストした場合には、プレイヤーの勝ちとなります。

 

賭け金はテーブルの上限を超えなければ、いくら賭けてもかまいません。また賭け方は色々とありますが、ブラックジャックで戦略を立てることができるのは、ディーラーがカードを引かなければならないルールがあるからです。つまり、合計が16以下ならば、必ずもう一枚カードを引くという条件です。

 

カウンティングの基本は、まだ配られていないカードの中に、絵札がどのくらいの割合で残っているのかを数えることにあります。絵札が多いほど、ディーラーがバーストする確率が高まるというわけです。カウンティングの他にも戦略は色々とありますが、技術を高めることで資金を増やしていけるのがブラックジャックの魅力と言えます。

 

ポーカー

カジノのカードゲームの中でも最も熱いのがポーカーではないでしょうか。ラスベガスでは毎年トーナメント大会が開かれて、莫大な賞金を得ることでも注目されます。アジアの各国でもポーカー大会は開催されていますし、ハリウッド俳優や日本の有名人も多く参加していることで知られています。

 

他のカジノのゲームと異なるのは、少額の参加費用を支払い大きな額の賞金を得ることができる点です。またプレイ時間が長いことも特徴ですが、トーナメントの場合は勝ち進むことで獲得できる賞金も増えますし、プレイ時間も長くなります。

 

ポーカーは運も必要ですが、その運をいかに活かすかという技術も必要になります。さらにオンラインポーカーの普及により、これまでの経験による技術に対して、確率論を利用した戦略が優位になってきています。どのように賭けるのかを指示してくれるプログラムも多く販売されています。

 

ポーカーではディーラーはゲームに参加せず、プレイヤー同士の勝負となります。まずそれぞれのプレイヤーに2枚のトランプカードが裏向きに配られます。それを見てそれぞれのプレイヤーがいくらチップを賭けるのか、あるいは降りるのかを決めていきます。テーブルのプレイヤー全てがチップを賭け終えるか、あるいは降りた時点で場に3枚のカードが表向きに置かれます。

 

それを見て、さらに残ったプレイヤーはチップを賭けていきます。残ったプレイヤーが1人とならなければカードはさらに1枚、そしてもう1枚と全部で5枚が場に開かれます。そして残ったプレイヤーは自分の2枚のカードをオープンし、誰の役が最も強いのかを確認して勝者が決まります。勝ったプレイヤーは場に積み上がったチップを総取りするというわけです。正確には賭けた金額によっては2番手の役を作ったプレイヤーにもチップが戻ります。

 

ポーカーの役はいくつかありますが、例えば同じ数字が2枚あればツーペア、3枚あればスリーカードとなります。もし場の5枚のカードと合わせてペアが2組できれば、ツーペアとなります。この3パターンでの強さの順は、ペア・ツーペア・スリーカードとなります。他に5枚同じマークが揃うフラッシュ、5枚の数字が順番に並ぶストレートなど役は色々とありますが、勝負は役が決まってからつくというわけではありません。

 

例えば自分のカードがフラッシュとなる可能性があると見れば、持っているチップ全てを賭けることもできます。他のプレイヤーは勝負に応じる場合には、同じ数のチップか保有するチップ全てを賭けなければなりません。もし勝てる自信がなければ、手持ちの2枚のカードですでに役が出来ていても、降りることにもなります。このような心理戦ができることが、ポーカーの魅力と言えます。

 

ベラジョンカジノのゲームまとめ

いかがでしょうか。ベラジョンカジノで遊べるゲームは決して運にのみ左右されるものではなく、チップの賭け方という戦略によって稼ぐことが可能であることが分かります。まさに頭脳戦や心理戦を楽しむことができるのも、オンラインカジノの魅力と言えるでしょう。

 

興味がある方は是非ベラジョンカジノでプレイしてみてはいかかでしょうか?